タグ別アーカイブ: 若返り

間違った知識。

〜こんにちは、美kuzyaku工房です。
工房に来られるお客様にカウンセリングシートを書いて頂いております。
サプリメントを記入するところがあり、皆さんがどのようなサプリメントをお身体に流しているかを知るためです。
情報がたくさんある今の時代なので間違ったサプリや美容言葉をよく感じます。
色々紹介しましょうね。
皆さんがよく耳にする言葉で簡単に説明します。
・マイナスイオン:根拠の「レナード効果」は100年前の仮説であり科学的実証研究は0である。
・カテキン:緑茶1日5杯飲んでいただいても胃がんのリスクは上昇も低下もしません。
・コラーゲン:分子が巨大で皮膚に浸透はしなく飲んでもアミノ酸として分解吸収。
・コエンザイムQ10:アンチエイジング効果にも疑問であり、過剰摂取は酸化促進で動脈硬化につながる。
・にがり:主成分の塩化マグネシウムが下痢を引き起こし、強制排出で体重減少。ダイエットに効果的であるが飲み過ぎは栄養も流れるので注意。
・ミネラルウォター:水道水より砒素の基準が5倍も緩くハイリスクハイリターン。
・海洋深層水:逆浸透膜法で淡水化すると東京湾の表層水でも同室に、もともとケイ素しか違わないのです。
・クロレラ:免疫アップの為には一日1000錠、体重50㎏当たり2000gが必要である。
・イチョウ葉エキス:プラシーポ効果のみ、皮膚炎とアレルギー誘発成分「ギンコール酸」は含有。
・キチン、キトサン:「食物繊維としての胃腸作用」以外の全ての効果が未確認である。
・リノール酸:過剰摂取すると生活習慣病、各種癌、アトピー、血栓、狭心症、喘息なども誘発される。
・核酸(DNA、RNA)若返り、ダイエット効果に根拠はなくプリン体の取り過ぎで痛風、高尿酸血症も。
・キシリトール:虫歯菌に利用されにくい糖アルコールですが虫歯を防げるわけではなく過信は禁物。
・エストロゲン:効果以前に構内販売10銘柄中含有率ゼロ。天然ざくろ内でも「検出限界以下」
・大豆イソフラボン:厚生労働省も過剰摂取に警鐘。妊婦や乳幼児の追加接取に注意。
・ポリフェノール:じゃがいも、玉ねぎ赤ワインと同様含有。体内での抗酸化効果はまだ研究中である。
・痩身茶:中国産で致死事件まで発生。利尿効果、下痢効果成分で体重減少ダイエット。体には良くない。
・ベータ・カロテン:90年代の大規模研究から肺がん発生率上昇、短命化などの報告あり。
どうですか?良いものとずっと摂取しているものが正しいか正しくないか。取り過ぎては居ないか。又は無駄だったと感じたりしますね。
専門家でも間違っていたりするので怖いなっと思います。
皆さん気をつけてくださいね♪
 

お手軽炭酸ケアー。

こんにちは。美kuzyakuのSUWAです。

近頃炭酸ブームですね。

私もパックにお風呂にと愛用しております。

お顔ですと角質を柔らかくしすべすべにしてくれますね。

バスタブは全身のコリをほぐしてくれ大変助かっています。

ところで簡単な身近にあるもので炭酸ケアーが出来ますのでお教えしましょう。

コンビニやスーパーで普通に売ってある炭酸水ありますね。

特にウィルキンソンの炭酸はシュワシュワ感が高いので私はウィルキンソンをネットで大量買致しますが、それを二本ほど桶に入れ顔を漬けています。

洗顔の最後のお仕上げが効果的です。表面がシュワシュワして角質を柔らかくしてくれます。そしてお掃除もしてくれて一石二鳥です。ただ栄養分はないのですぐにコラーゲンなどの保湿が必要ですね。

お顔周りの髪の生え際まで顔を動かして漬けると毛穴にも効果的です。

本当は残った炭酸水を頭からかぶるのも節約できていいのですが冷たいですよね。

桶に炭酸を入れる時に炭酸が抜けないようにそっと入れてくださいね。

炭酸パックは高いなっと感じている方にはピッタリかもしれません。

でも必ず保湿は心がけてくださいね♪

アンチ・エイジングとアミノ酸

こんにちは美KuzyakuのSUWAです。

さて最近アンチ・エイジングと言う言葉をよく聞きますよね。さて皆さんアンチ・エイジングとはなにか、本当は何なのか御存知ですか?

アメリカで

アンチ・エイジング・メディスン(抗老化医学)が注目されるようになったのは1990年以降の事ですがその後、ホルモンによって老化を防ぎ、結果として若返りを実現する研究は、国立老化研究所や各地の大学、医療機関などで盛んに行われるようになりました。とくに1996年に米国食品医薬局(FDA)がHGHの成人成長ホルモン欠乏病への使用を認可して以降は、このホルモンを使用する抗老化・若返りクリニックが数多く登場するようになりました。日本でもHGH及びその前駆物質を主体とした若返り医療のプログラムを実施する専門家の医療施設が東京、大阪などの主要都市で誕生しています。

最近では単に外見や身体を「若く」するというよりも、心身ともに若々しい状態を生み出すことから、いつまでも健康な生活をすごせるように…という研究の予防医学の観点からHGH及び前駆物質の効果を認める動きもあり、医療関係者の間でもそうした評価がほぼ定着しつつあるといってもよいでしょう。

ところで、HGHは本来、駐車による投与という形を取りますが、医療プログラムを実施する専門施設の有無や費用の問題さらに日本人の専門医不足による安全性の問題もあって、すべての人がその効果を体験できるというわけではありません。

ところがアミノ酸を摂取することで体内におけるHGHの合成と分泌が促進されることが、いろいろな研究によって明らかになっています。つまり、日頃からアミノ酸を摂取するようになればHGHがもたらす若返りその他の効果が期待できるわけです。

アミノ酸と言ってもどのアミノ酸がいいのでしょうか?

やはり天然のアミノ酸が身体にとても効果を出します。

とう工房では天然のアミノ酸を販売しております。ネットでもたくさん色んなアミノ酸が販売されていますが、天然の物はあまり出回っていません。なぜなら天然なので高価だから売りにくいのではないかと私は思います。ですがやはり身体に入れるもの毎日取り入れるものは天然でないとダメではないかと強く思います。

 

アンチ・エイジング。皆さんも若返りに一番必要なHGHをアミノ酸により体感していただけると一ヶ月でお肌は変わりますよ。

自分へのご褒美メニュー。

月に一度自分へのご褒美コース

120分若返り美肌コース¥20,000~¥30.000

皮脂を浮かせ毛穴を完全にオフ。海のミネラルをタップリ含んだ泥でトーンアップ。小顔効果マッサージの後お顔の筋肉を刺激します。

パックの王様(金・プラチナ箔ジュレ・米ぬか炭酸)を贅沢に使い、EMS機能で美容維持に必要な深層筋を収縮強化させつつ温熱効果により脂肪を燃焼させます。年齢とともに衰える筋肉を効果的に鍛えることでタルミの改善やリフティング効果が期待できます。

エレクトロポレーションで美容液を導入。パルス発信(交流電流)で美容液の効果的な浸透路を作り肌細胞に直接浸透させますので、フェイスパックや一般的な美顔器以上にお肌のハリと潤いを実感いただけます。

LEDによる光エステ。拡散する低い光エネルギーは、ニキビ等の肌トラブルのケアに適しており、リラクゼーション効果の期待できます。光エステとは、電気から光にエネルギーを変換するLED光を浴びることにより細胞を活性化し肌再生のためのコラーゲンの生成を促す効果があると言われている注目の美容法方です。青色光はニキビなどの殺菌作用があり、黄色光はお肌の修復に効果が期待できます。

その後肌本来の再生力を回復させていく新しいスキンケアーでターンオーバーを速め、いつまでもみずみずしい肌の体感を。細胞レベルで美の誘導。

ノーベル生理学賞を受賞したEGFをはじめとするFGE・HGF・IGFの4つのグロスフェクターとサラブレットプラセンタ―や8つの植物エキスが肌に働き、細胞レベルであなたを美しく導きます。次に健康な肌へマイクロニードロールでお肌を刺激し、本来人間が持っている元に戻ろうとする力を利用し肌の再生力を誘発し整えます。

国際特許取得のテクノロジーでKAIST(韓国科学技術院)により開発されたマイクロに―ドロールはFDA承認済みの生体適合性のある材質でできていますのでお肌に安心です。誘発した後再生力のUP皮膜パック。美容成分を瞬時に閉じ込める人口皮膜パックをします。

15種類の植物エキスとヒアルロン酸・アミノ酸・EGFの美容成分がさらに肌をフォロー。乾燥に悩む方や、美容液の働きをもっと感じたい方にピッタリです。お帰りにはマイナス5歳肌を実感出来ます。