「無添加」「自然派」の表示があればお肌にやさしい訳ではありません。

「無添加」「自然派」といった化粧品には、お肌にやさしいイメージがありますね。これは化粧品と食品のイメージをダブらせてしまう人が多いためかもしれないですね。食品であればより自然に近いもののほうがカラダによいのは事実です。でも化粧品の場合は、天然成分の方がかぶれなどのトラブルを起こしやすいのです。化粧品に含まれている天然成分の代表が、植物エキスですが、一つの植物エキスは数え切れないほど多くの成分で構成されており、そのうちの一つでも肌に合わなければアレルギー反応が起こる可能性があります。

つまり天然のものは成分が複雑な分お肌のトラブルが起こる確立も高いと言うわけです。

また、「無添加の化粧品」というものもありますが、実は「無添加」の定義はメーカーによって異なります。防腐剤や香料を加えていないものを無添加と称することが多いようですが、もともと腐りにくい科学性質を主成分としているため、防腐剤不使用で作られているものもあります。また中には、防腐剤や香料を含まないかわりに、界面活性剤などの刺激が強い成分が多く含まれているものもあります。

「無添加」=「安心」とは限らないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください