髪の水分量を増やす保湿方法について

髪の毛の水分量というのはだいたい11~13%程度だといわれています。この水分量が維持できている人は、ほとんどの場合、滑らかでツヤのある髪を維持できていると思います。

しかし、日頃の間違ったヘアケアやカラーリング・パーマなどの影響、そして季節的な要因などもあって365日、潤いとツヤのある髪の水分量を保ち続けるというのはなかなか難しいです。特に外気が激しく乾燥する冬場は髪の水分量を維持するのは難しいです。

髪は水分量を失うと、跳ねやすくなったり、広がりやすくなりますし、髪の保護膜であるキューティクルが剥がれてしまうので、枝毛や切れ毛が発生して、見た目にも手触りもパサパサになってしまいます。

ということで、とにもかくにも「髪の水分量を増やす」あるいは「髪の水分量を維持して守る」ということが髪の毛ダメージおよび、乾燥やパサつきを防ぐためのヘアケアとして行わなければならない最優先事項ということになります。

髪の水分量を増やす保湿方法としては、まずはインバストリートメントでダメージをケアすること。それからドライヤー前にも必ずアウトバストリートメントで髪を潤すようにします。

ポイントは髪に有効成分や保湿成分を浸透させて髪を補修&保湿するということ。

保湿というと「水分」を与えることだと考えて、髪に水分を与えばいいと化粧水を振りかけたりする人がいますが、乾燥してダメージのある髪というのは、すでにキューティクルが剥がれている状態なので、いくら水分を与えても蒸発するだけで無駄です。

なので、まずは水分蒸発しないしっかりキューティクルの整った髪に回復させるということが大切です。いろいろな毛髪補修成分が配合されたヘアケアグッズがあるのでそれを使ってみましょう。

それから髪の毛をヘアケアグッズで保湿する以上に重要なのが「髪の水分量を維持して守る」ということ。普段の生活習慣やヘアケアが間違っているせいで、髪が乾燥してパサついていることがよくあるからです。

■ カラー、パーマの頻度減らす
■ シャンプーの回数を減らす
■ 栄養不足でコラーゲンが足りていない
■ 髪の乾かし方が間違っている
■ シャワーの温度が熱すぎる(38度が適温)
■ 普段使っているシャンプーの洗浄力が強すぎる

などなど。

どんなに頑張って髪の毛を保湿しても以上のような髪の乾燥をまねく間違ったヘアケアをしていてはアクセルとブレーキを一緒に踏んでいるようなものなので、髪の保湿ケアの効果もなかなか実感できません。

保湿成分や毛髪補修成分を与えて、潤いを保てる髪にするという攻めの保湿ケアと、髪の乾燥やダメージをあたえない常日頃のヘアケアによる守りの保湿ケアの2つが髪の水分量を増やすために必要だということです。

さてよくわからないのが髪の毛の乾かし方の間違いですが、家電のドライヤーでは色んなモノがありますね。髪を労るドライヤーがどんどん成長しています。でも一体どれがいいのでしょうか?

私は家電屋さんに陳列してあるドライヤーの一番高いものを良しとし買い続けてきました。でも加齢とともに髪は痛みます。でも美容院に行った日はつやつやして、流石美容師さんだなぁと思い込んでいました。

それも一つの理由なのですが実はドライヤーの違いだとハッキリ分かりました。

業務用のドライヤーはちょっと高いですがどんどん進化し軽くなっています。そして水分を逃さないパワーがあります。髪を乾かす度にうっとりします。

長い時間をかけて家電のドライヤーで完全に乾かすのは髪に負担がかかっていると感じました。

皆さんも是非業務用のドライヤーを次に買い換える時に参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください