ノンシリコンとは。

ノンシリコン

今日本ではノンシリコンシャンプー・コンディショナーが当たり前のような流行になっていますね。テレビのCMの影響って凄いと思います。

ただシリコンってなんだろうとは思いませんか?

ノンシリコンって本当はどういう意味なのかしっかり御存知ですか?

シリコンは医療でも使われています。なのでシリコンをダメなものと認識するのは間違いですね。

シリコンには大きく分けて植物性と石油性とに分かれます。今何百種類とシリコンはあり本当は凄くすぐれものなのです。

そしてシリコンは実はとても高価なものなのです。

石油性のものは安く質も悪くそれをここ数年前までコンディショナーに使われていました、美容院で売られているものやこだわった者は別です。

そして髪を一本一本コーティングしサラサラヘアーになり、洗い残しが頭皮に詰まり頭皮が痒くなったり色落ちがしやすくなってしまいました。

植物性のシリコンで良い物を商品にすると価格が高くなるので石油性のシリコンが夜に出回り過ぎたと言うわけです。

サラサラ過ぎる流行もあり、これ以上良質でないシリコンを日本に広めては良くないのでノンシリコンと言う言葉を流行させてシリコンの代わりに植物性の色んな物を入れシリコンよりはサラサラしないけれど、パサパサにはならない少しお値段の高いシャンプー・コンディショナーがどんどん出てきてノンシリコンが当たり前になってしまったここ最近ですね。

そもそもコンディショナーが何故必要なのか?

それは数年前から伸び続けている毛先の為で根本の為ではありません。

なので男性のような短髪な方は良質のシャンプーのみで十分な訳です。逆にコンディショナーを使うと毛根が詰まってしまいます。そんな方が多いのでヘッドスパが流行にもなっています。

とにかくシャンプーもトリートメントも必ず洗い残しのないようにすることが一番大切ですね。

等サロンのシャンプー・コンディショナーは植物性の天然素材をふんだんに使ったシャンプーと良質のシリコンを配合したコンディショナーを使用しています。

頭皮のことを考え何ヶ月も前の毛先もケアー出来る優れ物です。

皆さんも知識を持ってメディアに振り回されないよう自分に合った物を使いましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください